うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

無趣味はつらい?たしかに趣味があった方が楽しいと思う

みなさんは、何か趣味にしていることってありますか?このブログを読んでいるということは、無趣味なんでしょうか。無趣味が悪いことだとは思いませんが、やはり趣味があった方が毎日を楽しみやすいと思います。

 

1.無趣味の原因を探る

私は今現在、アニメやアイドルが好きだったりして趣味と言えることがありますが、そんな私にも無趣味な時期がありました。大学生の頃はずっと無趣味でした。

 

無趣味なのは、周りへの関心が薄かったり無意識に周りを拒絶してしまったりして探求心がないのが原因なんじゃないかと思います。なので、私が無趣味だった頃の思考を分析してみました。

 

今思い返すと、無趣味だった頃は今までの人生で一番つまらない時期だったなと思います。夢中になれることが特になくて、毎日淡々と過ごしていました。なぜそんな感じだったのか考えてみると、あの頃の私は他人のことも自分のことも拒絶していたのではないかという考えに行き着きました。人間関係に疲れ果てて自分のことも他人のことも嫌いだったので…。それで人やものに対して興味がなかったのかなと。

 

ツイッターをフォローさせていただいている方で、前に放課後ティータイムのDon't say "lazy"という曲の「自分を愛さなきゃ 他人も愛せない」という歌詞について言及している方がいらっしゃいました。「自分を愛さなきゃ 他人も愛せない」というのは、私も本当のことだと思います。

 

自分のことを好きになって大切にしていないと、他人のことは好きになれません。自分が嫌いな人ほど、他人に冷たいように思います。まず自分が大切にされたいという深層心理が働くんでしょうか。

 

私の場合も、無趣味だった頃は自分に対しても他人に対しても不満だらけでした。無趣味だったから不満だったのではなく、不満だらけだったから無趣味だったといった感じです。私はこっそり愚痴るだけでしたが、これが元々攻撃的な性質を持った人だと、平気で他人に悪態をついたりするんだろうなと思います。どちらにしろ、なんだか可哀想ですね。

 

無趣味でも毎日が充実しているなら問題ないと思いますが、無趣味で暇なために他人に干渉したりとか、無趣味なことが悪影響を及ぼしている場合は、趣味を持つことをおすすめします。それが自分のためにも他人のためにもなります。

 

2.すぐに趣味を持てたら苦労しない

趣味があったらいいなぁと思ってすぐに趣味ができたらいいですけど、そう簡単にはいきませんよね。でも、だからといって「趣味が見つからない、つまんなーい」と不満を漏らすだけでは、何も変わりません。

 

少しでも興味を持ったら、そのことに深入りしてみるというのは大切だと思います。そういうちょっとした行動が、趣味につながっていきます。偶然テレビで見たバンドが気になって曲を聴き始めたらいつの間にかハマっていたとか、何気なく読んでみた本に感銘を受けてそれ以来読書が好きになったとか、趣味への入り口の前には必ずアクションがありますよね。

 

よほど劇的なことが起こらない限り、何もしない人に趣味が寄ってくることはないかと思われます。どんなことにも言えますけど、行動した人だけが状況を変えられますよね。自分できっかけを作りましょう!

 

3.趣味があると楽しい!

趣味が心の支えになるので、メンタルが安定します。私もB'zさんにハマってから、メンタルがあまり乱れなくなりました。

 

あと、生きている実感もできますね。最近の私は、悔いのない人生にしたいと思うようになって、自分が会いたい人には会えるうちに会っておくのをモットーにしています。それで、私は会いたかったのはB'zさんと欅坂と前に記事に書いた一般の方なんですけど、会いたかった人に実際に会えた時はすごくうれしくて、生きてて良かったー!となりました。

 

生きていることに感謝するって、良いことですよね!一番の親孝行になりそうです。趣味があるだけでも生きる力をもらえるので、やはり趣味はあった方がいいです。

 

うみうしの一言

趣味の定義が難しいですけど、定期的に楽しんでいること=趣味でいいんじゃないでしょうか。細かいことは考えない方が気楽です。趣味を楽しむのも、それくらいの気持ちでいいですよね。

 

趣味が欲しいと思っている、そこのあなた!まず自分から楽しいことを見つけに行く努力はした方がいいです。自分からいろんなものに触れていって楽しいことを見つけられた人が、趣味を楽しんでいるんだと思います。

 

www.umiushi-shitagaki.com