うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

日本人、実は協調性ない説

ふと学生時代のことを思い出しました。授業中、外国人の先生に、適当に4,5人のグループを作るように言われたんです。でもみんな急に言われて戸惑ってしまい、グループを作るのに時間がかかってしまいました。そうしたらその先生に、「日本人は危機管理がなっていない」と言われたことがありました。

 

その時はあまり深くは考えませんでしたが、今思うと確かに当たっているかもしれないと思います。日本人は協調性があると自画自賛する人がいますが、実は大してないのではないでしょうか。

 

1.協調とは

「協調」という言葉の意味を、辞書で調べてみました。

 

協調(きょうちょう)

①利害の対立する者同士が、おだやかに相互間の問題を解決しようとすること。

②性格や意見の異なった者同士が、互いにゆずり合って調和をはかること。

③生体を構成する諸部分が、相互に調整を保った活動をすること。共調。

 

ここで言う協調は、①と②です。

 

2.日本人の言う協調は同調に近い

ついでに同調の意味も調べてみました。

 

同調(どうちょう)

①調子が同じであること。

②他と調子を合わせること。他人の主張に自分の意見を一致させること。

 

上に書いた学生時代のエピソードから考えると、日本人は普段から同調していることが多いからいざという時に助け合えるのであって、多くの人はなぜかそれを「協調性がある」と錯覚しているのではないかというのが私の意見です。

 

日本人が人との違いを認めて調和をはかって問題を解決しているようには見えません。「出る杭は打たれる」という言葉もありますし、実際に少し飛び抜けた人や周りから浮いている人を叩いちゃっている人って結構いるんじゃないでしょうか。自分と少し違うだけで否定的なことを言う人、いますよね。

 

本当に協調性があるなら、そのような協調性のない人はとっくに絶滅危惧種になっているかと思うんですが、1つの集団に一定数は存在するように思います。日本人は協調しているからではなく、同調しているから団結しているように見えるのではないでしょうか。

 

3.協調性は危機管理につながる

同調するだけではお互いに理解し納得し合うことはできないので、やはり協調することは大切です。協調した上で同調するのならいいですが、「みんながこう言ってるから」とか「偉い人がこう言ってるから」という理由だけで同調していては、いざという時に話し合って問題を解決していくという作業は成立しなさそうです。それに、普段できていないことがいざという時にできるとも思いません。

 

私の学生時代のエピソードでも、グループを作るように言われた時、みんなきょろきょろと周りの様子を見て同調しようとはしていましたが、「誰が誰と組んでグループを作るか」という問題を解決するための話し合いまで、なかなか持って行けませんでした。

 

日本人はトラブルになったり雰囲気が悪くなったりするのが嫌なのか、話し合うことを避けたがる人が多いように思います。自分と異なった考えの人を認めて協調できるのなら、トラブルになることも雰囲気が悪くなることも少ないのではないかと思うんですが。雰囲気が悪くなるから話し合いたくないという考え自体が、協調性のなさを表していますね。

 

話し合わなければ理解し合えないこともあります。特に自分と考えが違う人に対しては、黙ったままでは察しづらいですよね。日本人は同調しているだけで協調しようとしていない。そんな心持ちで、もしもの時に問題に直面したらどうするの?解決できるの?ということを、先生は言いたかったのではないかと思います。

 

4.協調性をつけるために

協調性をつけるためには、小さい頃からディベートをしたりするのが良いのではないかと思います。自分の意見を持ちつつ、他人の意見も尊重する癖をつけることができるかと。でもディベートがどういうものなのか分かっていない教師や親が多そうなので、実践するのは難しいですね。

 

かくいう私は、ディベートが苦手です。論理的な思考をするのが苦手なので…。でもディべートが難しいなら、1つの話題についてフランクに家族や友達と話し合うことを習慣にすれば、協調性のある人間になれるんじゃないかと思います。

 

うみうしの一言

学校の教室でのことを日本人という大きな括りに当てはめてしまっていいものか迷いましたが、教室は社会の縮図とも言いますし、思ったことをそのまま書いてみました。

 

先生は「このクラスは危機管理がなってない」ではなく「日本人は危機管理がなっていない」という言い方をしていたので、日本人を見てそう思うことが何度もあったんだと思います。

 

その先生の意見が外国人の総意ではありませんが、日本人は危機管理がなってない!協調性、全然ないやん!と外国の人に密かに思われてる可能性は十分あります。協調性があると自負しているのに実際は協調性のかけらもなくて、ただ同調しているだけだったというのは、ちょっと恥ずかしいですね…。