うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

今までの人生で後悔していること

みなさんは「あの時こうしておけば良かったな…」などと後悔していることってありますか?きっと1つぐらいはありますよね。全く悔いはない!という人は、なかなかいないかと思います。

 

私も後悔していることがいくつかあります。私と同じような失敗をする人を出さないためにも、私の後悔を紹介していきます…。

 

1.行く大学の選択

行く大学の選択を誤った感があって、後悔しています。私は3つの大学を受験したんですけど、残念ながら第一志望の大学は不合格でした。それで、第二志望の大学に行くことにしました。

 

そこまで偏差値にこだわりがなかったですし学びたいことを学べればそれでよかったので、あまり深く考えずに第二志望の大学に行くことにしたんですけど、実際に大学に入ってみて思ったのは、偏差値の程度と学ぶことへの姿勢は割と比例するということです。うまく言葉にできないですけど、偏差値が全てじゃないと言いつつも、例えば偏差値50の集団と偏差値70の集団では、勉強に対する姿勢にやっぱり違いがありますよね?

 

私が行った大学は生ぬるかったです。大して勉強してなくても成績上位に入れるような感じだったりしました。当時はそれなりに楽でしたけど(プレゼンとディベートは辛かったですが…)、今思うとそれは良くなかったかも?と思います。

 

だらけていた自分が一番悪いんですけど、大学ではいい意味で人に感化されることがなかったのも引っかかります。第一志望だった大学と第二志望で私が行った大学では偏差値が15ぐらい違ったので、もし第一志望の大学に入学していたら、自分の気合いも違ったでしょうしもっと周りから良い影響を受けることができたんじゃないかと想像してしまいます。15の差は大きい…。

 

あ、偏差値で人を判断するな!って感じですかね。たしかにその通りで、偏差値と人柄は関係ないですし、社会人になってしまえば偏差値なんて気にしなくなります。でも偏差値=努力の証とするなら、多少の判断材料にはなると思います。やはり一生懸命頑張った経験がある人は、そうじゃない人とは何かしらの違いがありますよね。偏差値が高い人って一部の天才を除けばあとは努力の人だと思うので、私は尊敬します。

 

大学は主に勉強するための場所なので、いい環境でちゃんと学ぶということを意識するなら、勉強の能力の指標みたいになっている偏差値は受験の時に一応気にしたほうがいいかと思います。見栄や世間体のためではなく、自分のためにです。偏差値が全てではありませんが、全く気にしないのも疑問です。一概には言えなくても、いろいろと比例するのは確かだから…(?)高校生の私に言ってやりたかった…もっと勉強して第一志望の大学に合格しろよと…。

 

なんか遠回しにくどくど書いちゃってもやもやするので簡潔に言うと、浪人してでもいいからもっと頑張って勉強して第一志望の大学に行っておけばよかった!生ぬるいのは良くない!ってことです。ほんと学費がもったいなかった…お母さんごめん…お金はいつか返します…。

 

私は自分よりできる人が上にいればいるほど燃えるタイプだと、最近気付きました。もっと早くそのことに気付いていたら、もっと第一志望にこだわったかもしれないです。でもこんなこと書いたら感じの悪い人に思われそうですけど、一度堕ちて後からごぼう抜きにしていくのって気持ちいいですよね…。負けず嫌いなところがあるくせにめんどくさがりでもあるせいで、そんな快感を覚えてしまいました。だらけてサボる→堕落→奮起→ごぼう抜きを、今までに2,3回繰り返してます…。そんな感じなので、良い時と悪い時の差が激しいです。あぁ、こんなんだから私はダメなのか…。継続して頑張れる人は本当にすごい。

 

こんな風に後悔するのは、つい高校の時と比べてしまうからっていうのもあると思います。中学の時の担任に「難しいからやめたほうがいい」と何度も言われたのを聞かずに挑戦して、なんとか合格できた高校が私の母校です。そんな感じだったので、入学してすぐにあったテストでは順位が下から5番目とかで、頑張ってみんなについていこうという気持ちがずっとありました。勉強熱心だったり一緒に部活を頑張ったりしている友達やクラスメイトに感化されたりもして、今思うとすごく充実していました。なので、充実していた高校生活とそうじゃなかった大学生活…はぁ…ってなっちゃうんですよね…。

 

私の考えの甘さと意志の弱さ、努力不足のためにこんなことになってしまって、悔しいです。でも大学で学べたことには感謝しています!割とガチですが、あえて理想を言うなら~っていう話でした。こんな長文を書いて未練たらたらですみません。

 

2.好きな人に想いを伝えなかった

昔、好きな人に自分の想いを伝えないまま学校を卒業してしまって、未だに後悔しています。それでも卒業した3年後ぐらいに駅で偶然再会したんですけど、シャイガールだった私はまたしても想いを伝えられなくて、さらに後悔しました。後悔の2段重ねです。それ以来彼とは会っていません。今どうしているのかも知りません。

 

人って、こうやってチャンスを逃すんだなと思いました。そういうことがあってからはチャンスに敏感になって、悔いのないように生きようと思うようになりました。

 

B'zさんのライブに行きたいと思ったので去年ライブに行きましたし、稲葉さんのことが人として大好きなので、ファンレターに「大好きです」と書いて出しました。欅坂の理佐ちゃんにも会ってみたいので、今度握手会に行く予定です。会えるうちに会って伝えられるうちに伝えておくというのが、モットーみたいになっています。

 

好きな人に一言「好きです」と言えなかっただけで、ものすごく心残りになっているので、どんなに恥ずかしくても好きなら好きと相手に伝えることをおすすめします…。

 

うみうしの一言

今までの人生でひどく後悔しているのは、この2つです。その時の自分次第では後悔せずに済んだことなので、余計に悔やんでしまいます。だからといって過去に戻りたいとは思わないですけどね。後悔しているのも含めて、今の自分なのかなと思います。

 

みなさんは私みたいに後悔しないようにお気を付けください…。