うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

20代になってから不思議な体験をするようになった私の話

みなさんは、不思議な体験をしたことはありますか?私は20代前半の頃に、いくつか不思議な体験をしました。霊感とかは全くないんですけど、今になっても何だったのか分からない出来事があります。

 

こういう話って聞いても半信半疑だったりするので、信じてもらえなくても全然いいです。私自身も半信半疑ですし。でもフィクションにしてはつまらないのが難点ですねー。大したことないので、期待はしない方がいいです。もし興味があったら、読んでみてください。この手の話が嫌いな方は、スルーでお願いします。あと、これから書く出来事は病気になる前のことなので、私はいたって正気です。

 

1.お線香の匂い 不思議度:★☆☆☆☆

夜中に目が覚めたら、部屋がものすごく線香臭かったことがあります。もちろんお線香は上げていません。くっさ!!と思って、そのまま寝ました。

 

翌朝になったら匂いは全くしなくなっていたので不思議です。でも調べてみると、同じような体験をした人が結構いるみたいですね。

 

2.UFOを見た 不思議度:★★☆☆☆

大学生の頃に、UFOらしき飛行物体を目撃しました。

 

その日は休日だったので、私は自宅で課題をやっていました。大学の課題って1つ終わらせるのにも時間がかかりますよね。なので課題をやっている合間、気分転換に何気なく窓から外を見たんです。そしたら何かが飛んでいるのを見つけました。

 

最初は飛行機かと思ったんですが、形が違いました。南京錠みたいな形をしていたんです。色は黒かったです。何だろうと思って、しばらくUFOらしきものを観察しました。よーく目を凝らすと、ゆっくり回転しながら空中を移動しているのが分かりました。そんな乗り物、地球にはないですよね。ビニール袋が風に乗って飛んでるのかも?とも思いましたが、まっすぐブレることなく飛んでいたので、違うんじゃないかと思います。その後UFOらしき物体は、北の空を西の方へ飛んで行ってしまいました。

 

3.足音が近づいてきた 不思議度:★★★☆☆

自宅での話です。以前うちでは、誰もいない2階からドンドンと音がすることがよくありました。音がするのはいつも階段を上がってすぐの辺りで、私も家族もよく通る場所です。なので少し怖かったんですけど、家族にそのことを言っても誰も気にしていなかったので、私も気にしないことにしていました。

 

でもある日の夜、私が1人で2階の部屋にいると、いつもの場所からドンドンと音が聞こえてきたんです。2階にいる時に音がするのは初めてのことでした。私はビビりなので怖くなったんですけど、何もいないことを確かめたい気持ちもあったので、恐る恐る部屋から音のする方を覗いてみました。何もいないのに、ドンドンという音だけがしていました。

 

何か得体の知れないものが見えてしまうよりは何も見えない方がいいという私の謎理論で、音だけかと少し安心しました。霊感か何かがある人だったら、何か見えたかもしれませんが。私にはそういう能力がなくて良かったです。

 

でもそう思ったのも束の間、ドンドンという音がこちらに近づいてきたんです。ドン、ドンと、ゆっくり近づいてきました。そして何かが私のそばを通り過ぎる感覚がして、ぱたりと音がしなくなりました。その時だけ、何か目に見えないものがいるのを強く感じました。それが何だったのかは、私には分かりません。そんなに嫌な感じはしなかったので、悪いものではなかったのかなと思います。

 

その後も誰もいない2階から音がすることが時々ありましたが、いつの間にか音はしなくなりました。今では全くその音を聞いていません。

 

4.芸術家の夢 不思議度:★★★★☆

ある夜、夢を見ました。私はどこかのスタジオで撮影をしていました。私が撮られる側です。カメラに向かって、色の名前を言っていました。

 

何年も前に見た夢なんですけど、未だに覚えているのには理由があります。私は生粋の日本人なのに夢の中では日本語がうまく話せなかったのと、カメラマンっぽい人と通訳を介して会話していたのが印象的だったからです。なぜ私は日本人なのにカメラマンの話す日本語をわざわざ通訳が英訳して話してくるんだろうと思っていました。

 

それで後になって、ひょんなことから知ったんですけど、私が見た夢と一致するCMが昔あったみたいです。アンディー・ウォーホルというアメリカのアーティストが出演したフジカラーか何かのCM、覚えてる方いらっしゃいますか?80年代のCMだったかと思うんですが…。カメラに向かって色の名前を言うところも、若干カメラ目線じゃないところも夢と一緒です。夢の中では、日本語の台詞がうまく言えなかったのにOKが出て、拍子抜けしていました。

 

なぜ私がそのCMを撮影する夢を見たのか謎です。アンディーさんが生きていてCMが放送されていた頃、私はまだ生まれていません。それにそのCMを見る夢を見るならまだしも、アンディーさん目線の夢だったので、ますます意味が分かりません。

 

失礼ながら、アンディーさんのことはマリリン・モンローの絵の人という認識だけで、他の知識はなかったです。もちろんアンディーさんとは何の接点もないですし、過去にどこかでそのCMを見て夢に出てきたということもないと思います。

 

今は亡き人の夢をその人目線で見るというのは、すごく不思議な感覚でした。

 

5.ある人の生涯を夢で見た 不思議度:★★★★★

ちょっと詳しく書けないんですけど、一時期ヨーロッパのどこかにいる夢をよく見ていたんです。で、夢で見た知らない場所が実は実在する場所で、その夢をつなぎ合わせるとある人の生涯と一致したっていう話です。よく分からないんですけど、このことを詳しくブログに書こうとすると体調が悪くなるんですよね…。

 

この話が一番壮大なので、書けないのが惜しいです。幼少期の不思議な感性や旅行先での不思議な出来事が夢に絡んでいたりするので、不思議度高めなんです。このことは、以前別の記事にもちょろっと書きました。

 

追記:大幅にリライトしました!詳しく書いてあります。

 

www.umiushi-shitagaki.com

 

前世とか書いちゃってますけど、前世だったら面白いなぁと思って書いただけなので気にしないでください。

 

うみうしの一言

こういう出来事があってから、フィクションかノンフィクションかに関わらず不思議な話に興味を持って、たまにネットでそういう話を読んでいます。「時空のおっさん」と「きさらぎ駅」が特におすすめです。神社にまつわる話も、面白いものが多いかな。「きさらぎ駅」は少し怖いですけど「時空のおっさん」なんかはわくわくするので、気になった方は読んでみてください。検索すれば出てくるかと思います。

 

それにしても新年1発目の記事がこんな内容で申し訳ない!あの…私、決して怪しい者ではないので!たまにはこういう話もいいですよね…?今年もよろしくお願いします!