うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

統合失調症が寛解した今思うこと

私は一応、統合失調症を患っています。一応と書いたのは、すでに病気が寛解しているからです。前に妄想などの症状に悩まされたことがありますが、今はそのような症状はなく、健康な人と変わりない感じでいます。でも病気になる前と後では、考え方が少し変わったかなと思います。

 

1.まさか自分が

病気になった人あるあるだと思いますけど、私も自分が統合失調症だと知った時は、まさか自分が統合失調症になるとは…と思いました。でも私は症状が軽くて病気だと知った頃には寛解しかけていたからか、病気になったという事実はそこまでショックではありませんでした。割と冷静でいられました。

 

それでも全く平気だった訳でもなくて、統合失調症になった人は脳に萎縮が見られると書かれた記事をどこかで読んだ時は、ショックを受けました。その情報が本物なのかは分かりませんけど、もし本当のことだとしたら中学・高校の頃に頑張って勉強したことを台無しにされたような気分になって、悲しくなりました。

 

病気は平気で人を潰しにかかってきますね。それをうまく受け流すことができればいいんでしょうけど、難しいですよね…。

 

2.統合失調症に対する誤解

一言に統合失調症と言っても症状に個人差があるので、私からするとそれは誤解だよ!と思うことがあります。

 

まず統合失調症の人は怖いというイメージがあることです。確かに傍から見るとおかしく見えることがあるかもしれませんし、実際に妄想に取りつかれて事件を起こしてしまう人もいるみたいですけど、全ての人がそうという訳ではありません。

 

少なくとも私は妄想に取りつかれても事件を起こしませんでした。妄想を現実だと思い込んで的外れな行動をとろうとしたことはありましたけど、周りに説得されて思いとどまれるぐらいの判断能力は残っていました。見た感じほど病気に支配されていないってことは、十分あり得ると思います。

 

それに、攻撃的になるのは病気の影響であって、その人本来の姿ではないんだと思います。私だけかもしれませんけど、妄想の内容には自分のコンプレックスや劣等感が反映されていることが多かったです。自分の弱い部分を病気にいいようにされるので、攻撃的になってしまう人が出てくるのではと思います。

 

あと、統合失調症に対する誤解として、統合失調症の人が書く文章がおかしいということです。これも全ての人がそうという訳ではありません。統合失調症の人が書く文章は、ひらがなが多くて支離滅裂という特徴があるみたいですけど、私の文章はどうですか?自分では人並み程度の文章は書けていると思うんですが…。

 

日記をつけていたので分かるんですけど、妄想の症状が出ていた当時も文章はきちんと書けていました。ひらがなが多いとは言えませんし、支離滅裂ではなかったです。症状が軽い人は、健康な人と同じような文章を書くことができるんだと思います。

 

3.当たり前って何?

前に別の記事にも書きましたけど、病気になってからは当たり前のことを当たり前だと思わないようにするようになりました。自分の当たり前が他人を傷つけることがあると気づいたんです。

 

実際に私が、友達の言動に傷ついたことがあるんですよね…。病気のことを教えてなかったので仕方なかったのかもしれないですけど、病気で仕事を辞めた私に対して仕事をやっているのが普通みたいなスタンスで話されたのがきつかったです。

 

ストレートに「仕事をやってるのが普通だよ」と言われた訳ではないですけど、病気のことは知らないにしても私に事情があってやむを得ず仕事を辞めたことは知っているはずなのに、仕事で活躍している話ばかりしてきたんですよね。友達に悪気はなかったんだと思いたいですけど、すごく嫌な気持ちになりました。私が気にしすぎなんでしょうか…。昔その子が不登校だった時、私は学校の話題を自分からは出さないようにしていたんですけどね…。

 

苦労したことがあるのに、人の事情を察しようとしない人の気持ちがよく分かりません。どうせ苦労したなら、それを良いことに生かした方が良くないですか?苦労した人が心の痛みを理解できるようになるのも、当たり前ではないんですかね。私は社会からドロップアウトした経験がある分、人に優しくできればと思っています。

 

うみうしの一言

私の周りには心の病気の人が1人もいなくてずっと孤独感があったんですけど、ブログを始めてからはそういう感覚がなくなりました。寛解は完治とは違うのでまだ心療内科に通っているんですけど、前向きに治療できそうです。

 

9月頃にようやく薬の量が減ったので、完治も夢ではないのかなと思えるようになりました。いつか完治させて、統合失調症は治る病気だと証明したいです。

 

www.umiushi-shitagaki.com