うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

友達がいないのはそんなに寂しいことなのか

そりゃあ気が合って一緒にいると楽しかったり落ち着いたりする友達がいるに越したことはありません。でも、そうじゃない友達とは無理に友達でいなくてもいいのでは?今のところ気の合う人がいないから友達はいませんというスタイルも、全然アリなのでは?と思います。

 

1.友達がいない=寂しいなのか

友達がいないと寂しいという風潮ですけど、友達がいない人が全員寂しい思いをしているとは限りませんよね。友達がいなくても家族がいてくれればそれで充分幸せだという人もいますし、1人でいるのが好きだから友達はいらないという人もいるかと思います。友達がいなくても人生を楽しんでる人、いますよね。

 

もちろん実際に友達がいなくて寂しいと思っている人もいるんでしょうけど、これらの人全てを一括りにして「友達がいない人は寂しい人」としてしまうのは、前者の人たちに失礼ですし余計なお世話です。「友達=いないといけない」という考えは、なくてもいいんじゃないでしょうか。

 

2.学生時代の友達との話

以前、あれ?なんで私あの子と友達でいるんだろう?ということがありました。そう思ったのは、心の病気になった時です。

 

精神的に不安定な状態が続いていたある日、学生時代の友達から食事の誘いがありました。でも申し訳ないですけど、すぐ適当に理由を付けて断りました。元気に喋らないと嫌がられると思ったからです。というのも、一度その友達とそういう出来事があったんですよね…。それ以来その友達といる時は、頑張って喋っていました。

 

そんな感じだったので、元気のない時にその友達と会うのは苦痛でしかありませんでした。元気なフリをする気力すらなかったんです。それでこの時、ふと思いました。もしこの誘いが幼なじみからのものだったら、おそらくOKしていただろうなと。幼なじみなら、私が多少黙っていてもそれを咎めたりしないだろうという思いがありました。

 

本当に申し訳ないですけど、この時に私は「あの子とは無理して付き合っていたんだな」と思って、連絡を断ちました。これはお互いのためになったと思います。その友達も、私に無理して友達でいられても嫌ですよね。

 

こんなこともあるので、友達がいればいいという訳ではないですよ。

 

3.括り方の問題

今現在、私が定期的に連絡を取り合ったり遊んだりしている友達は、幼なじみの5人だけです。私の友達は、5人いるということです。少ないと思いますか?多いと思いますか?

 

少なっ!寂しそう…と思った人、いますか?いたとしたら、それはハズレです。私は寂しくありません。友達5人もいるの?!いいじゃん!私なんて…と思った人、いますか?私は、友達だろうが家族だろうが恋人だろうが、親しい人が1人でもいるならそれでいいのではと思います。友達、家族、恋人などと区別するから、その枠に当てはまる人が周りにいなくて苦しくなるんじゃないでしょうか。

 

「友達がいない人=寂しい人」と一括りにするのは違うと思いますけど、「仲の良い友達や仲の良い家族=親しい人」と一括りにするのは問題ない気がします。友達はいますか?じゃなくて、親しい人はいますか?と質問したら、います!と答える人が格段に増えそうです。友達はいないけど兄弟とは仲が良いよ!とか、友達はいないけど大切な恋人はいます!という人、きっといますよね。

 

私はどちらかと言うと、親しい人はいますか?という質問の方が、真実に近づけると思います。「友達」という概念を一旦なくして大きく「親しい人」と捉えると、友達に固執して見えていなかった大切なものが見える気がします。少し質問を変えただけでも答えが簡単に変わるぐらいなので、友達の数なんてとても不確かなものです。友達という括りが小さくぼんやりしたものに思えてきませんか?

 

こうやって見方を変えるだけで、見える景色が変わります。自分で勝手に決めつけた括りが、友達がいない!私は寂しい人だ…不幸だ…と、心を締め付けるんだと思います。

 

うみうしの一言

括りは括りでも、アメトーークで芸人さんをいろんな形で括るのは好きです。読書芸人や家電芸人が特に好きですけど、どの括りの芸人さんも面白くて毎週楽しく見ています。年末のスペシャルが楽しみです!アメトーーク以外では、変に括らない方が楽に生きられそうですね。