うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

女1人で国内を一人旅した私が思った、一人旅のメリット

私は最近まで一人旅をしたことがなかったので、以前は一人旅って寂しそうだし不安が大きいのでは?と思っていました。でも実際に一人旅してみたら、そんなに寂しくありませんでしたし、1人でも楽しかったです。旅行に行くまでは不安もありましたけど、いざ行ってみたら不安は消えました。

 

それで一人旅のどの辺がいいの?って話ですけど、私が感じた一人旅のメリットは、やはり自由なところです!

 

1.全て自分次第

1人で行動するので、他人に合わせる必要がありません。一応計画は立ててきたけど、やっぱり予定を変更しよう!なんてことも簡単にできます。その場その場の流れやその時の自分の気分で好きなように行動できるのは、一人旅の強みですね。

 

誰かと一緒だと、そうはいきませんからね。そんなに乗り気じゃないけど、一緒に来た友達に合わせて仕方なく着いて行く…というつまらない展開、結構ありませんか?まぁそれはそれで楽しめばいいんですけど、そうやって気を遣ったせいで、本当はあそこに行きたかったのになどと、心残りが出来ることがあると思います。誰かと一緒では、自分の興味の赴くままに行動する楽しさと満足感は味わえません。

 

私は旅行って、見知らぬ土地に来て好奇心がくすぐられるのが最高だと思っているんですけど、誰かと行動していたら、そのわくわくした心を前面に出して、それを全て放出することはできませんよね。集団行動をしている時にそれをしたら、自己中心的な人とされてしまいます。大切な友情にヒビが入ってしまうこともあるかもしれません。でも1人で行動するなら、そういう心配がありません。自分の知りたい!や見たい!に忠実になれます。

 

2.1人でボーっとする時間

一人旅をすると、嫌でも1人でボーっとする時間ができると思います。私も一人旅をした時、電車を待ったりする間、1人でボーっとしていました。周りに知っている人が誰もいなくて、知り合いに会う可能性もほぼゼロの環境でそうしていると、妙に落ち着きました。

 

私は知り合いがいると思うと人目を気にしてしまいがちなので、無駄に気を張る必要がなくて気楽だったんだと思います。この時は、孤独感さえも心地よかったです。人付き合いに疲れてしまった人は、誰かと旅行に行くより一人旅することをおすすめします。

 

3.1人だから楽しめること

誰かと一緒だと、その人たちとの会話が楽しかったりしますけど、1人だとそれができません。でも心配ありませんよ!1人だからこそ楽しめることもあります。

 

私は一人旅で滋賀と京都に行ったんですけど、周りにいる人がみんな関西弁を話しているのが面白かったです。言語に興味があるので、そういうのが気になるんですよね~。関西弁の独特のイントネーションは、聴き心地が良かったです。思わず聞き耳を立ててしまいました。完全に怪しい人です、はい。でも周りの人が自分と違う言葉を話しているのを聞いたら、旅行に来たことを実感して、なんだかうれしくなりました。

 

他人と一緒に旅行していたら、そんな細かいところまで気づいて楽しむことはないんじゃないでしょうか。一緒にいる人と話したりしていたら、それに夢中になってあまり周りを気にしないですし。一人旅の方が感受性が高まって、些細なことに気付いてより多くのことを感じ取れると思います。

 

4.全て自己責任

自由ということは、自分の行動の責任は全て自分にあることを忘れてはいけません。自由=何をしてもいいという訳ではありませんよね。

 

危険と安全のボーダーラインは気にしたほうがいいですし、他人に迷惑をかけることも極力なくしましょう。自由をはき違えると、きっと痛い目に遭います。

 

その辺の節度は守って一人旅をしたいところです。

 

うみうしの一言

一人旅、してみたくなりましたか?1人思うがままに旅をするって、魅力的ですよね。

 

海外で一人旅をするのはハードルが高いですけど、国内を日帰りで一人旅するなら、割と気軽にできるんじゃないでしょうか。日本にもまだまだ知らない場所があると思うので、おすすめです。

 

一生に一度は一人旅に行っておいて損はないです。さぁ、一人旅に出かけましょう!

 

旅行に関する記事はこちら。併せてどうぞ。

 

www.umiushi-shitagaki.com

 

www.umiushi-shitagaki.com