うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

遠山和葉ちゃんが登場するおすすめの話

遠山和葉ちゃんは、名探偵コナンに登場する高校生。ポニーテールがかわいい女の子です。

 

今回は、そんな和葉が登場するおすすめの話を紹介します!ネタバレ注意です。

 

1.結婚前夜の密室事件(21,22巻)

平次の母の知り合いの結婚式に出席するために平次と東京にやって来た和葉は、コナンくんたちと合流し、式の前日、知り合いのお屋敷に招かれますが、そこで事件が起きてしまいます。

 

話の序盤で、蘭と平次がお揃いの柄の服を着ていることにやきもちを妬く和葉がかわいいです。それに、この時の蘭が良い子なんですよね~。この2人はこの話で仲良くなります。

 

その後起きる事件は、怖かったり切なかったりでかなり印象深いです。和葉がかわいくて事件がおもしろい…最高です!

 

2.鳥取クモ屋敷の怪(25巻)

鳥取県の絡繰峠にある蜘蛛屋敷と呼ばれる武田家で、蜘蛛御前の仕業に見せかけた事件が起こります。そんな中、和葉も命を狙われて…?!

 

この話、事件を起こした動機を笑う人がいますけど、ちゃんと読んでいたらそうはならないと思います。複雑な人間関係が生んだ悲しい事件です。

 

3.風林火山 迷宮の鎧武者 陰と雷光の決着(59巻)

長野県にある虎田家に事件の調査を依頼された小五郎は、蘭とコナンくんと一緒に虎田家に話を聞きに行きます。一方、虎田家と対立する龍尾家でも、同じく依頼を受けた平次が和葉と一緒に調査をしていました。コナンくんと平次は、虎田家で偶然会って合流します。そこで長野県警の大和警部から、一連の事件は「風林火山」になぞらえて行われていることを知り…?!

 

虎田家の由衣さん(後の上原由衣刑事)に、風林火山は恋にも使えることを教えてもらい、和葉が蘭と奮起するもあえなく撃沈するシーンがかわいいです。恋って難しい…。

 

4.恥ずかしいお守りの行方(66巻)

平次は、和葉が大切にしていたお守りを、間違えて和葉の幼なじみの大学生・国末に渡してしまいます。そのことを知った和葉はお守りを返してもらおうと、平次と一緒に東京に来て国末を探し出しますが、国末はケガをしていて…?!

 

実は和葉は自分のお守りの中に、平次の写真を入れているんです。それを誰にも見られたくなくて焦ってるのがかわいいですね。お守りの中身がバレることなく和葉のもとに返ってきたかどうかですけど、最後のオチは笑えますよ。

 

5.錯視の話(74,75巻)

例のごとくGoogleさんの目を気にして、タイトルをぼかして書きます。本当のタイトルは「幻のデザイン」みたいな感じです。

 

平次のもとに、すでにこの世にいない人から手紙が届きます。その手紙の謎を解こうと、デザイン会社の社長の家を訪ねますが、そこで事件が起きます。

 

事件が起きたというのに、和葉と蘭は平気で恋の話をしていて、さすが場慣れしています。蘭が新一に告白されたことを聞いた和葉が、一気に自分の気持ちに火がついて燃え上がるシーンがおもしろいです。平次が引くぐらいです。

 

事件解決後、和葉は平次に思い切って好きだと言うんですけど、その結果、気になりますよね?ぜひ75巻を読んでみてください。

 

6.コナンと平次 恋の暗号(83巻)

少年探偵団は、道を歩いている時に怪しい男とぶつかります。その男が落とした手帳には暗号が書かれていて、コナンくんはその暗号をもとに恵比寿橋に行きますが…。

 

コナンくんは東京で、平次は大阪で、電話を通して一緒に暗号を解いていきます。この話の途中で和葉が絡んできて、平次の和葉に対する本音が聞けてしまうんですけど、このことがきっかけで平次は自分の和葉への気持ちを自覚するんですよね。平次は結構鈍いですね。そんなところも好きですが。

 

平次の言葉と聞いた後、恥ずかしそうにその言葉の真意を聞く和葉と、適当にごまかす平次がかわいいです。

 

うみうしの一言

和葉は漫画やアニメだけじゃなく、映画でも活躍しています。「迷宮の十字路(クロスロード)」と「から紅の恋歌(ラブレター)」がおすすめです!

 

平次についての記事はこちら。

 

www.umiushi-shitagaki.com