うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

前世の記憶は夢で見る?その夢の特徴と私の不思議な体験

みなさんは、前世ってあると思いますか?

 

信じない人の方が多いですかね。半信半疑だったりして、前世があると断言することはできないですよね。でも、ないと言える証拠もないと思います。私も完全には信じていませんけど、前世はあるんじゃないかと思えるような不思議な体験をしたことがあります。生きていればあるもんですね、不思議な体験。

 

私の体験を簡単に書くと、夢で見た知らない場所が本当は実在する場所で、いくつも見たそういう夢をつなぎ合わせると、ある人の人生と一致したんです。それだけ聞くと、ただの夢でしょ?って感じですけど、この話、私が小さい頃に強く感じたよく分からない感情や、その20年ぐらい後に行った旅行先での不思議な出来事が絡んでいたりします。全て終わった後でそれらが全部つながっていたと気づいたんです。

 

私の説明、すごくアバウトですよね…。もっと詳しく書くつもりでいたんですけど、「明日、昔あった不思議な体験のことをブログに書こ♡キャピ」と思って夜寝ようとする度に、肩から腕にかけてめちゃくちゃだるくなったり、お腹の調子が悪くなったりしたので、ざっくり書くだけに留めておくことにしました。偶然だとは思うんですけど、ちょっと怖かったので。お腹の調子が悪い感じが、お腹が冷えた時の感じじゃなくて、歴史的な事件があった場所に行った帰りに調子が悪くなった時と似ていたんですよね…。

 

ちなみに私、心の病気になったことがありますけど、この話は病気になる何年も前の話なので、あしからず。あと、こんな話してますけど、決して怪しい者ではありません!

 

前置きが長くなってしまいました。そんな感じなので今回は、私の体験を踏まえて、前世の夢はこんな夢なんじゃないかというのを書いていきます。

 

1.時代が違う

周りの人の服装から、現代じゃないと気づくことができます。侍の格好をしているとか、中世の貴族の格好をしているとか。

 

ネットで前世の夢について調べると、自分の服装を詳細に語っている人がいますけど、自分の服装は全身が見える大きな鏡を見たり下を向いたりしないと把握できないと思うんですよね。嘘くさいなと思ってしまいます。まぁ創作としては面白いですが。

 

場所によっては建物からも分かるんじゃないでしょうか。日本の場合、時代劇や大河ドラマに出てくるような風景だったら、時代の違いが明確です。ヨーロッパなんかは、昔の建物が今も残っていることが多いので、場所の特定もしやすいですね。その分時代を特定するのは難しくなってしまいますけどね。

 

夢の中で見た知らないテレビ番組が、実は自分が生まれる前に放送されていた番組だったってこともあり得そうな気がします。前世じゃなくて親や先祖の記憶だったとしても面白いです。

 

2.自分のはずなのに自分でない感じ

私が不思議な夢を見た時は、そういう感覚でした。半分は自分で、半分は別人って感じです。なので、夢の中の自分の言動に自分でつっこんだりしていました。普通の夢だと、自分は自分ですよね。

 

なんかこの文章だけ読むと、やばい人ですね…。決してやばい人ではありません!

 

3.現実とは違う家族

またやばい人みたいな文章書きますけど、不思議な夢の時だけ、現実とは違う家族がいるんです。家族構成も現実と違います。場合によっては、それに加えて家族が全員外国人だったりします。

 

ただの願望の表れってこともありそうですけど、普通の夢とは違うな?!と気づくきっかけにもなると思います。

 

4.妙に印象深い

怖くも面白くもない何てことない夢のはずなのに、なぜかずっと記憶に残ってたりします。

 

私の場合は、夢の中で自分がいた部屋の内装や建物のデザインが変わっていることが多かったので、目が覚めても覚えていました。それで「こんな部屋(建物)、現実には絶対ないわ」と思った部屋は、だいたい実在していました。

 

追記:不思議な体験について書こうとすると体調が悪くなるの、やはり偶然だったみたいで今は何ともないので、詳しく書こうと思います。

 

1.黄色と黒

突然ですがパンジーという花、知ってますよね?小さい頃、黄色と黒のパンジーを見ると何とも言えない気持ちになっていたんですよ。切ない感情に似ているのかな。

 

私は割と記憶力が良いのか、自分が歩くようになる前や1,2歳の頃の記憶が結構残っているんですけど、それくらい幼い頃に初めて黄色と黒のパンジーを見た時のことを覚えています。パンジーに目が釘付けになって、しばらく固まっていました。自分でもこの感覚が不思議で、何だったんだろうとずっと思っていました。

 

そして時は流れて私は大学生になりました。夏休みに家族で海外旅行に行くことになって、ヨーロッパのある国についてネットで調べていました。その時に、偶然ある家の紋章の画像を見つけました。似てる!と思いました。黄色と黒の配色が、パンジーにそっくりだったんです。

 

なぜ黄色と黒のパンジーに、何とも言えない感情を持つのか。その理由が紋章にあるような気がしました。とは言っても、私のようにパンジーを見て何とも言えない気持ちに…なんて人、少なくともネット上では見当たりませんでしたし、これ以上詮索するのをやめました。それと、なんとなくその時は知らないでいた方がいいような気もしたので。

 

2.絵画の女性

夏休みに家族で海外旅行に行くことになったと書きましたが、そこでも不思議なことが起きました。

 

3日目ぐらいに泊まったホテルの廊下に、絵が飾ってありました。白い服を来た女性の絵です。地元では有名な女性の絵だと分かりました。見た感じは普通の絵でしたね。でもその絵を見た途端、異変が起きました。頭がボーっとしてきたんです。どんどん頭が重くなりました。立っているのが辛くなって、ベッドで休むことにしました。

 

幸い、しばらくしたら体調は治りましたが、その旅行では体調不良が頻発しました。後日修道院に行った帰りにも、再び体調を崩しました。曰くつきの場所だったからでしょうか。後で知ったんですけど、その場所でいろいろあった当事者の1人は、絵の女性の家族だったみたいです。

 

そして、その頃から変わった夢を見るようになりました。

 

3.不思議な夢

 ヨーロッパのどこかにいる夢を、頻繁に見るようになりました。でも海外に行ったし行きたい願望があるから、そういう夢を見るとしか思っていませんでしたね。怖い夢でもなかったので、特に気にしないまま4,5年が経ちました。

 

そして、そんな夢も見なくなった頃、何がきっかけだったか忘れましたが、ふとした時に旅行先で見た絵画の女性のことを思い出しました。その女性は現地では有名な人で、私も名前は知っていたので、ネットで検索してみました。すると、調べていくうちに分かったことがあります。

 

夢で見ていた知らない場所が、本当は実在する場所だったんです。しかもそれは、その女性ゆかりの場所でした。そして、最初に書いた黄色と黒のパンジーの件、その女性は例の紋章を持つ家の人間でした。このことに気付いてから、私はその女性の記憶を夢で見ていたのでは?と思うようになりました。

 

今思うと、私が見ていた夢は他の夢とは違いました。現実とは別に夢の中だけの家族がいて、その人たちはみんな外国人でした。自分の着ている服が、今の時代っぽくないマキシ丈のワンピースだったり重そうな白いドレスだったりして、私はそういう服は嫌いなので不思議に思っていました。さらに夢で自分のいる部屋が、変わった内装なことが多かったです。

 

4.仮説を立ててみる

この現象はどういうことなのか、私は考えました。まず考えたのが、女性の幽霊に取りつかれた説。絵を見た時にスーッと…って、非現実的ですね。そもそもあの明るい雰囲気のホテルに、人に取りつくような幽霊がいるとは思えません。ちなみに私は霊感ゼロです。どちらにしろ説得力がないですね…。

 

次に考えたのは、その女性は私の前世説です。仮に前世があるとしたら、私の頭の中にその女性の記憶が残っていたとしてもおかしくないのかなと。黄色と黒のパンジーを見て何とも言えない気持ちになるのは、前世の記憶がうずくからでは?と考えたり。でもこれも非現実的ですね。変なことを書いてすみません。前世があったら面白いなとは思います。

 

あと考えたのは、私の思い込み説。傍から見たら、これが一番有力ですね!信じてもらえなくてもいいです。本来は私が知っていればいいだけの話なので。同じような体験をした方がいないかなぁという期待を込めて書いてみました。

 

5.最後に

この体験を通して、その女性の生涯を知りました。決してすごい人ではないですが、最期まで生き抜いた彼女に励まされました。ひどく落ち込んでいた時期によくその女性の夢を見ていたので、「あきらめるな!」と言われていたような気がして、奮い立ちました。

 

その女性の幽霊に取りつかれていたのなら励ましてくれてありがとうですし、彼女が私の前世なら現世でリベンジしよう!と思いますし、私の思い込みなら結果オーライです。

 

彼女とは生きた時代も境遇も違いますけど、生き方や性格がなんとなく私と似ていて笑いました。彼女が誰なのか特定されたくないので、詳しくは書きませんが…。まぁ、こんなことがあったよーっていう話です。

 

うみうしの一言

この話題、書くかどうかすごく迷ったんですけど、何年も1人で抱え込んでずっともやもやしていたので、思い切って書いてみました。でも気が変わったら消すかもしれません。

 

 

ちょっとしたことがきっかけで、あなたの身にも不思議なことが起こるかもしれませんよ。わくわくしますね!

 

www.umiushi-shitagaki.com