うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

おすすめ!ムラなくセルフネイルするならこういうマニキュア

自分でマニキュアを塗っておしゃれするの、楽しいですよね。でも、1つだけ気になることがあります。それは、塗りムラです!

 

私は絵の具でもマニキュアでも、フラットに塗りたいのにムラができてしまうのは許せません。許せないんだけど、塗るとどうしてもムラになってしまう…ムラをなくそうとして重ね塗りしすぎてゴテゴテに…悔しい!そういう人、私の他にもいますよね?きっといると思います。

 

今回はそんな人のために、こういうマニキュアなら塗りムラが気にならない!というのを紹介します!

 

1.ピンクのマニキュア

控えめで可憐なピンクのマニキュア、かわいいですよね。ピンク系はバリエーションもあって選ぶのが楽しそうです。

 

ショッキングピンクなどの濃いピンクもいいですけど、塗りムラを気にするなら薄いピンクがおすすめです。爪の色に馴染みやすくて、多少ムラがあっても目立たないので気になりません。

 

私は男ウケとか一切気にしないので分からないですけど、薄ピンクは男ウケもいいんじゃないですかね。ピンクを悪く言うつもりはないですけど、マニキュアとしては無難な色ってことですよね。無難でかわいくて綺麗に塗れる!最高!そう思う人は一定数いるんじゃないでしょうか。

 

 

2.ベージュのマニキュア

ベージュは大人っぽくて素敵な色ですよね。ベージュが似合う人に憧れます。

 

ベージュのマニキュアもピンクのマニキュアと同じで、爪の色に馴染みやすいので塗りムラが気にならないと思います。

 

でもピンクかベージュだったら、ピンクの方がムラは目立たないです。

 

というか、そもそもベージュはモノにするのが難しそう…。でも一度は挑戦してみたい色ですね。

 

3.ラメ入りの透明なマニキュア

これが一番おすすめです!全く塗りムラが気になりません。

 

ラメに色がついているものを塗ればカラフルにできますし、キラキラするのもポイント高いです。ラメの付き方がその時によって違うのも、面白いですよね。

 

色付きのマニキュアを塗った後に、ラメ入りの透明なマニキュアを重ね塗りするのもいいと思います。ラメで塗りムラを隠せますし、何より色とラメを自分で組み合わせるので、他人と被らないオリジナリティーのあるネイルが簡単にできます。

 

お手軽かつ他人とは一味違うネイル!最高です!

 

4.透明度の問題

私、マニキュアを塗るコツはよく知らないですけど、絵の具を綺麗にムラなくベタ塗りする方法は、教えてもらったことがあります。

 

絵の具を塗る場合、筆を同じ方向に動かしていって、その時に力を入れすぎないのがポイントです。乾いてしまう前に素早く塗ると綺麗に仕上がります。これ、マニキュアも同じことが言えるんじゃないでしょうか。

 

あと絵の具だと緑や黄緑はムラが目立ちやすくて塗るのが難しかったり、ムラなく塗るには絵の具と水の割合を気にする必要があった記憶があります。

 

思うにマニキュアも色云々に加えて、透明度の問題が大きい気がします。マニキュアの場合は、透明度が高いほどムラが気にならなくて、透明度が低いほどムラが気になって塗るのが難しいんじゃないかと思います。

 

初心者は透明度が高いマニキュアを塗ったほうが失敗するリスクが低いかも?

 

追記:透明度が低いマニキュアでも、2,3回重ね塗りすると割と上手く塗れますね。薄く塗るのを繰り返す感じです。塗りすぎてゴテゴテにならないようにご注意を!

 

うみうしの一言

塗る作業は、簡単そうに見えて意外と難しいですよね。でもその分うまく塗れた時はうれしくなります。セルフネイルの醍醐味は、そこにあると思います。

 

今回は塗りムラを気にした内容でしたけど、塗る難易度とか気にせずに好きな色で塗ればいいと思います。失敗したら、またやり直せばいい話なので。塗りムラなんかに負けず、ネイルを楽しみましょう!