うみうしの下書き ~清書はこれから~

今日中に下書きします、先生!

おしゃれなインナーカラー!あなたはどの色を入れる?

髪の内側に差し色を入れるの、流行ってますよね。

 

他人とは一味違う髪色にできますし、なんといってもおしゃれ!髪全体を派手な色にするのはちょっと…という人でも、インナーカラーならいつもと違う色に挑戦しやすいと思います。仕事中は外側の髪でインナーカラーを隠しておいて、プライベートでは髪を耳にかけたりしてインナーカラーを見せるってこともできます。

 

今回は、そんなインナーカラーについて紹介します!

 

1.自宅で染める?美容院で染める?

どちらでもできます。不器用だから自分で染める自信がない人は美容院でやってもらうのが無難ですけど、自分でやるのもそんなに難しくないです。

 

私は自分でインナーカラーを入れましたよ。鏡の中の自分とにらめっこしながら染めました。染めることよりも、染める前に髪をブロッキングする方が大変だったかも…。

 

2.ブリーチ

インナーカラーを綺麗に発色させるために、髪色が暗い人はブリーチをしたほうがいいです。ブリーチって髪を傷めるイメージですけど、ちゃんとトリートメントするなら1回ぐらいは許容範囲なんじゃないでしょうか。

 

多少髪が傷んでもいいから綺麗に色を入れるか、髪が痛むのは嫌だから発色が悪くても良しとするか、二択ですね。私は前者を選びました。FRESH LIGHTのメガメガブリーチでブリーチしたら、いい感じに脱色できましたよ。

 

3.お好みの色で

薬局で売ってるヘアカラー剤で染めるのもいいですけど、落ち着いた色ばかりですよね。派手な色で染めたいならマニックパニックやカラーバターを使うのがいいと思います。ブリーチしたからこれ以上は髪を傷めたくないって人には、カラーバターがおすすめです。どちらもヴィレッジバンガードに売ってます。ブリーチした明るい髪じゃないと、色によっては全然入らないってこともあるので注意です。

 

マニックパニックもカラーバターも、色のバリエーションが豊富なので、どの色にするか迷いますね。黒髪だったら赤や黄色が合いそうですし、アッシュ系の髪色だったら緑やベージュが良さげです。

 

4.色落ち

色落ちが気になるところですけど、私の統計だと早くて1週間、遅くて3週間は持続します。色によって差があるみたいです。

 

1,2回ブリーチした黄味がかった髪だったら、赤やピンクなどの暖色は色落ちしても汚くならなさそうですね。染め直す手間も少なく済みそうです。逆に青などの寒色は、短いスパンで染め直さないと綺麗な色を保てないと思います。

 

色が落ちてきた方が味が出て良いってこともあるので、一概に色落ちが悪いとは言えませんよね。どのタイミングで染め直すかは、結局自分次第ですね。

 

うみうしの一言

髪色を変えると、その人の印象もガラッと変わって面白いですよね。髪を明るくするだけで気持ちも明るくなったりして、おしゃれの力はすごいです。

 

いつもの髪にちょこっとインナーカラーを入れるだけでも気分が上がるので、ぜひ試してみてください。